『 ギンガをこえて 』イーグルフェロモンさん、13年ぶりのオリジナルフルアルバム、デジタルリリース!!

 

 

本日、2019年7月7日、イーグルフェロモンさんの13年ぶりのオリジナルフルアルバム『 ギンガをこえて 』が、ぶじデジタルリリースされました(ぱちぱちぱちぱち)!

 

 

https://linkco.re/qzEcXCnn

 

(こちらから購入できます☆)

 

 

 

 

 

わたしは、ハイレゾ版をかいました。

 

 

 

 

 

(あ、ジャケットデザインはわたしです。えへへ)

 

 

音が、めちゃくちゃいい!

 

 

あんまり音質とかくわしくない(…ハイレゾ?)、しろうと耳のわたしにも、一聴して、あ、すっげークリア!と、わかった。

 

 

 

 

 

『まわる世界』とか、やばいよ。めちゃくちゃいい。この曲は、宇宙に繋がる。銀河にいける。これ、ずっと好き。

 

 

イーグルさんの音楽は、メロディと声と歌詞がいいのが特徴だけれど、この『 ギンガをこえて 』は、いっしょに鳴ってる『音』が、ほんといい。

 

 

『水と光の子供たち』は、きらきらしているし、『リンネ』は切ない。『ロックンロール』は、現代版般若心経! そう、涅槃は、どこにだってある。

 

 

『飛ぼうよ』は飛べる(作詞はわたし…)!『黄色いバラ』は、ジャケットのお花を描くとき、がんがん流してた。お花が、まじりあって咲くように。

 

 

『揺らめくアカリ』は、スターシードには泣けるんじゃないかな。

 

 

ポップな『ギンガをこえて』は、マゼランま~で~~♪ クエーサーま~で~♪ と、よくうたってた。

 

 

この、宇宙へのゲートがぱっか~ん! とあいている、まさにいま、地球で聴くにはぴったりなアルバムだと思います。いや、ほんとに。

 

 

音って、だいじ。

 

 

 

 

リリースまで、ながい道のりでしたが、ぶじみとどけることができて、本望です。織姫と彦星も、よろこんでいるでしょう。復活した瀬織津姫と、饒速日命にも、とどくといいな。

 

 

(歌詞など、こちらにあります☆)