Elias Zeit(Yumiko Sorami)× 森みずうみ 『鬼ごっこ』

 

 

 

わたしが書いた詩『鬼ごっこ』に、Elias Zeit(Yumiko Sorami)さんが曲と映像をつけてくださいました。

 

 

『鬼ごっこ』

なにを待ってるの
どうして隠れてる
鬼ごっこ
鬼はわたし

近づくと隠れる
そう、わたし鬼だった

鬼ごっこ

わたしがふれると鬼になる
けしきも月もどんぐりも野の花も

はやく逃げて
はしって逃げて

鬼ごっこ

わたしがふれると鬼になる
わたしにみつかると鬼になる

はやく逃げて
みつからないで

鬼ごっこ

つかまらないでね

ここにいる
誰もいなくなるまで

底はないから
はしって逃げて

この手がふれると鬼になる
空も大地も 愛しいあなたも

 

Onigokko Lyrics: Mori Mizuumi
Music: Yumiko Sorami

This tune was inspired by a poem Mori Mizuumi’s ”Onigokko” (hide-and-seek). Oni is a frightening but sad creature in Japanese fairy tales.

 

”Onigokko”

What are you waiting for? Why are you hiding?
Onigokko
Oni is me
I’m coming closer, they are hiding themselves sooner.
Yes, it is me who is Oni.

Onigokko
If I touch, everything turns to be Oni.
Even landscapes, the Moon, acorns and wild flowres turn to be Oni.

Go away from me, run away from me.

Onigokko
If I touch, everything turns to be Oni.
If I find you, you turn to be Oni.

Go away from me. Don’t be found.
Run away from me. Don’t let me catch you.

I’ll be here until everyone has gone.
There is no the end, so run away from me.
If I touch, everything turns to be Oni.
Even the sky, the earth and also my dear turn to be Oni.

 

※英訳、すべてElias Zeit(Yumiko Sorami)さんより転載させていただきました。

 

じぶんの詩を英訳していただく、って、はじめて。
今はGoogle翻訳とかで、いろんな言語に変換できるけれど、やっぱりぜんぜんべつものだな、と感じます。

ほんとうに森の中でこの詩を書いたのですが、
その空気がそのまま、むしろ、いっそう幻想的になって、ふたたび森の中へ還っていった気がします。

 

どこかの国の森で、流れているといいな。